本日より道路交通法一部改正

 あとを絶たない飲酒運転での事故を受け、一定の車両を保有する事業所には、
 4月1日からアルコールチェックが義務化されました。
 対象となるのは、乗車定員が11人以上の車両を1台以上か、その他の車両を5台以上所有する企業です。
 これまでも、タクシーやバス、トラックなどの「緑ナンバー」の事業用の車を運転する事業者には義務付けられていました。
 しかし、去年6月の千葉県での児童が5人飲酒運転でトラック運転手にはねられ死傷した事故で、
 運転手の車が、自家用車に付けられる「白ナンバー」だったことを受け、道路交通法の一部が改正されました。
 交通事故は、突然起こります。
 交通事故を起こしてしまった、ご自身、ご家族が事故の被害に遭ってしまった、
 そんな時は山本・坪井綜合法律事務所長崎オフィスに是非ご相談ください。
 当事務所の弁護士は、交通事故案件の受任が豊富であるため、より適切かつ迅速な対応が可能です。
 交通事故でお悩みの方、一人で悩まず新たな一歩をわたしたちと。

 弁護士法人山本・坪井綜合法律事務所 長崎オフィス

関連記事

  1. 電話相談の推奨

  2. 交通事故の示談が成立した後に後遺症が出た場合、損害賠償請求す…

  3. 交通事故の慰謝料を増額

  4. 過失割合

  5. 交通事故の損害賠償請求の範囲

  6. 交通事故現場検証について